PC新型情報パソコーン

パソコンの新型情報を毎日更新中

Regulus AT A6-5400K 価格

Regulus AT A6-5400K
スペック ドスパラ

クラスを超えたスムーズな動画再生
現在のミニタワーパソコン ラインナップ


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD Trinity APU搭載ミニタワーパソコン

新型AMD A6-5400K搭載
最新のゲームプレイスタイルに対応する「デュアルコア」
Turbo Core 3.0
AMD Radeon HD 7540D グラフィックスをCPUに内蔵
高速DDR3 メモリー(PC3-12800)を搭載
高速 SATA 6Gb/s(SATA3.0)搭載
USB3.0 (スーパースピードUSB) を搭載
静音電源を標準搭載
EM041 ブラック(MicroATX)採用



■AMD A6-5400K (デュアルコア/定格3.60GHz/ターボコア動作時最大3.80GHz/L2キャッシュ1MB/65W)
■AMD Radeon HD 7540D グラフィックス(CPUに内蔵)
■【PC3-12800】4GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx1)
■500GB , SATA接続
■DVD スーパーマルチドライブ 
■AMD A75チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
■350W 静音電源
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Regulus AT A6-5400K 現在スペック&価格


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD Trinity APU搭載ミニタワーパソコン
AMD Radeon HD 7540D グラフィックス
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



■外形寸法 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ) mm
■ベイ 5インチ×2(1) / 3.5インチ×2(2) / 3.5インチシャドウ×2(1)
■前面USB2.0 x2 背面:USB2.0 x4 USB3.0 x2 PS/2 キーボード x1 マウス x1
■カラー ブラック

高性能グラフィックス機能内蔵、最新APU「Trinity」搭載

前世代の「Llano」APUに比べて、格段に強化された
内蔵グラフィックス性能を持つ「Trinity」APUを採用。

特に、レタッチやグラフィック系ソフトのフィルタ処理速度などが大幅に向上し、
別途、グラフィックスカードを追加することなく
これらの作業を快適に行うことが出来ます。



ドスパラさんの第2世代AMD AシリーズAPUの

新型Trinityを積んだ低価格高性能パソコン

Regulus AT A6-5400K さんです。

CPUに新型AMD A6-5400Kを搭載していて

インストールOSが64bit版windows7なので

搭載されている4GBのメモリもフルに活用できます。

500GBのハードディスクを搭載していて

従来のUSB2.0よりも高速な転送速度を誇る

新規格USB3.0にも対応していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね。

AMDさんの新型デュアルコアCPUのAMD A6-5400Kを

積んでこの価格水準に収まってるあたりはロマン点どど上がりスね(@0@)

デュアルコアCPUとミドルクラスのグラフィックボード性能を

統合したFusion APUの性能は

すでに出回ってるインテルさんの統合CPUと

比べてもグラフィック性能がだいぶ高くなってます。

第2世代AMD AシリーズAPUになって確実にパゥワーアップされているので

グラフィックボードを搭載していなくても

3Dタイトルのネットゲームにも手が出せちゃいますね。

それほど高負荷な3Dのタイトルを遊ぼうと

思っていない方にとってはノーグラフィックボードで

なるべく予算を抑えつつ快適な環境が手に入る

ナイスなRegulus AT A6-5400K さんです。

進化したTurbo Core 3.0はCPUだけでなくGPUまでも

自動クロックアップでフンガァ(,,#゚Д゚):∴;なので

あれです(@0@)頑張り屋さんですね。

クアッドコアCPUと十分な搭載メモリのおかげで

インターネットもすいすいの作業に使っても快適です。

AMDさんのさらに進化したAシリーズAPUも

やはりコストパフォーマンスに優れてますね。

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

予算を抑えつつもあれもこれもとパソコンを活用したい方には

持って来いのRegulus AT A6-5400K さんですね。

インテルさんに押され気味ではありますが

新型投入で追撃ですやん(,,#゚Д゚):∴;いいですやん

侮れないですねAMDさんも(@0@)

だがまだまだだAMDさん(,,#゚Д゚):∴;もっともっと求む

やべぇ惹かれるぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと宜しくです↓↓\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

Regulus AT Blu-ray 価格

Regulus AT Blu-ray
スペック ドスパラ

クラスを超えたスムーズな動画再生
現在のミニタワーパソコン ラインナップ


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD Trinity APU搭載ミニタワーパソコン

新型AMD A4-5300搭載
最新のゲームプレイスタイルに対応する「デュアルコア」
Turbo Core 3.0
AMD Radeon HD 7480D グラフィックスをCPUに内蔵
高速DDR3 メモリー(PC3-12800)を搭載
読み書き両対応ブルーレイドライブ搭載
USB3.0 (スーパースピードUSB) を搭載
静音電源を標準搭載
EM041 ブラック(MicroATX)採用



■AMD A4-5300 (デュアルコア/定格3.40GHz/ターボコア動作時最大3.60GHz/L2キャッシュ1MB/65W)
■AMD Radeon HD 7480D グラフィックス(CPUに内蔵)
■【PC3-12800】4GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx1)
■500GB , SATA接続
■ブルーレイドライブ (読み書き対応) 
■AMD A75チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
■350W 静音電源
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Regulus AT Blu-ray 現在スペック&価格


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD Trinity APU搭載ミニタワーパソコン
AMD Radeon HD 7480D グラフィックス
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



■外形寸法 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ) mm
■ベイ 5インチ×2(1) / 3.5インチ×2(2) / 3.5インチシャドウ×2(1)
■前面USB2.0 x2 背面:USB2.0 x4 USB3.0 x2 PS/2 キーボード x1 マウス x1
■カラー ブラック

高性能グラフィックス機能内蔵、最新APU「Trinity」搭載

前世代の「Llano」APUに比べて、格段に強化された
内蔵グラフィックス性能を持つ「Trinity」APUを採用。

特に、レタッチやグラフィック系ソフトのフィルタ処理速度などが大幅に向上し、
別途、グラフィックスカードを追加することなく
これらの作業を快適に行うことが出来ます。



ドスパラさんの第2世代AMD AシリーズAPUの

新型Trinityを積んだ低価格高性能パソコン

Regulus AT Blu-ray 搭載モデルさんです。

CPUに新型AMD A4-5300を搭載していて

インストールOSが64bit版windows7なので

搭載されている4GBのメモリもフルに活用できます。

500GBのハードディスクを搭載していて

従来のUSB2.0よりも高速な転送速度を誇る

新規格USB3.0にも対応していたり

読み書き両対応ブルーレイドライブを積んでいたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね。

AMDさんの新型デュアルコアCPUのAMD A4-5300を

積んでこの価格水準に収まってるあたりはロマン点どど上がりスね(@0@)

デュアルコアCPUとミドルクラスのグラフィックボード性能を

統合したFusion APUの性能は

すでに出回ってるインテルさんの統合CPUと

比べてもグラフィック性能がだいぶ高くなってます。

第2世代AMD AシリーズAPUになって確実にパゥワーアップされているので

グラフィックボードを搭載していなくても

3Dタイトルのネットゲームにも手が出せちゃいますね。

それほど高負荷な3Dのタイトルを遊ぼうと

思っていない方にとってはノーグラフィックボードで

なるべく予算を抑えつつ快適な環境が手に入る

ナイスなRegulus AT さんです。

さらに読み書き両対応ブルーレイドライブを積んでいて

動画環境も相当ナイスな環境になってますね( ;∀;)

進化したTurbo Core 3.0はCPUだけでなくGPUまでも

自動クロックアップでフンガァ(,,#゚Д゚):∴;なので

あれです(@0@)頑張り屋さんですね。

クアッドコアCPUと十分な搭載メモリのおかげで

インターネットもすいすいの作業に使っても快適です。

AMDさんのさらに進化したAシリーズAPUも

やはりコストパフォーマンスに優れてますね。

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

予算を抑えつつもあれもこれもとパソコンを活用したい方には

持って来いのRegulus AT さんですね。

インテルさんに押され気味ではありますが

新型投入で追撃ですやん(,,#゚Д゚):∴;いいですやん

侮れないですねAMDさんも(@0@)

だがまだまだだAMDさん(,,#゚Д゚):∴;もっともっと求む

やべぇ惹かれるぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと宜しくです↓↓\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

Regulus AT Office 2010 価格

Regulus AT Office 2010
スペック ドスパラ

クラスを超えたスムーズな動画再生
現在のミニタワーパソコン ラインナップ


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD Trinity APU搭載ミニタワーパソコン

Microsoft(R) Office Personal 2010
新型AMD A4-5300搭載
最新のゲームプレイスタイルに対応する「デュアルコア」
Turbo Core 3.0
AMD Radeon HD 7480D グラフィックスをCPUに内蔵
高速DDR3 メモリー(PC3-12800)を搭載
高速 SATA 6Gb/s(SATA3.0)搭載
USB3.0 (スーパースピードUSB) を搭載
静音電源を標準搭載
EM041 ブラック(MicroATX)採用



■AMD A4-5300 (デュアルコア/定格3.40GHz/ターボコア動作時最大3.60GHz/L2キャッシュ1MB/65W)
■AMD Radeon HD 7480D グラフィックス(CPUに内蔵)
■【PC3-12800】4GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx1)
■500GB , SATA接続
■DVD スーパーマルチドライブ 
■AMD A75チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
■350W 静音電源
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■プリインストール版 Microsoft(R) Office Personal 2010(Word/Excel/Outlook)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Regulus AT Office 2010 現在スペック&価格


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD Trinity APU搭載ミニタワーパソコン
AMD Radeon HD 7480D グラフィックス
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



■外形寸法 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ) mm
■ベイ 5インチ×2(1) / 3.5インチ×2(2) / 3.5インチシャドウ×2(1)
■前面USB2.0 x2 背面:USB2.0 x4 USB3.0 x2 PS/2 キーボード x1 マウス x1
■カラー ブラック

高性能グラフィックス機能内蔵、最新APU「Trinity」搭載

前世代の「Llano」APUに比べて、格段に強化された
内蔵グラフィックス性能を持つ「Trinity」APUを採用。

特に、レタッチやグラフィック系ソフトのフィルタ処理速度などが大幅に向上し、
別途、グラフィックスカードを追加することなく
これらの作業を快適に行うことが出来ます。



ドスパラさんの第2世代AMD AシリーズAPUの

新型Trinityを積んだ低価格高性能パソコン

Regulus AT Office 2010 セットモデルさんです。

CPUに新型AMD A4-5300を搭載していて

インストールOSが64bit版windows7なので

搭載されている4GBのメモリもフルに活用できます。

500GBのハードディスクを搭載していて

従来のUSB2.0よりも高速な転送速度を誇る

新規格USB3.0にも対応していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね。

AMDさんの新型デュアルコアCPUのAMD A4-5300を

積んでこの価格水準に収まってるあたりはロマン点どど上がりスね(@0@)

デュアルコアCPUとミドルクラスのグラフィックボード性能を

統合したFusion APUの性能は

すでに出回ってるインテルさんの統合CPUと

比べてもグラフィック性能がだいぶ高くなってます。

第2世代AMD AシリーズAPUになって確実にパゥワーアップされているので

グラフィックボードを搭載していなくても

3Dタイトルのネットゲームにも手が出せちゃいますね。

それほど高負荷な3Dのタイトルを遊ぼうと

思っていない方にとってはノーグラフィックボードで

なるべく予算を抑えつつ快適な環境が手に入る

ナイスなRegulus AT さんです。

進化したTurbo Core 3.0はCPUだけでなくGPUまでも

自動クロックアップでフンガァ(,,#゚Д゚):∴;なので

あれです(@0@)頑張り屋さんですね。

クアッドコアCPUと十分な搭載メモリのおかげで

インターネットもすいすいの作業に使っても快適です。

お仕事にも使おうと思ったらMicrosoft(R) Officeが

あった方が何かと役立つので

初めからMicrosoft(R) Officeが入っていて

さらに作業に向いてますね( ;∀;)嫌ですが超嫌ですが

PowerPointも必要な方はMicrosoft(R) Office Personalには

入っていないのでカスタマイズで

Microsoft(R) Office Home and Business か

Microsoft(R) Office Professionalに

バージョンを換えるのを忘れないようにしましょう

AMDさんのさらに進化したAシリーズAPUも

やはりコストパフォーマンスに優れてますね。

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

予算を抑えつつもあれもこれもとパソコンを活用したい方には

持って来いのRegulus AT さんですね。

インテルさんに押され気味ではありますが

新型投入で追撃ですやん(,,#゚Д゚):∴;いいですやん

侮れないですねAMDさんも(@0@)

だがまだまだだAMDさん(,,#゚Д゚):∴;もっともっと求む

やべぇ惹かれるぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと宜しくです↓↓\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

Regulus AT 価格

Regulus AT - レグルス AT
スペック ドスパラ

クラスを超えたスムーズな動画再生
現在のミニタワーパソコン ラインナップ


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD Trinity APU搭載ミニタワーパソコン

新型AMD A4-5300搭載
最新のゲームプレイスタイルに対応する「デュアルコア」
Turbo Core 3.0
AMD Radeon HD 7480D グラフィックスをCPUに内蔵
高速DDR3 メモリー(PC3-12800)を搭載
高速 SATA 6Gb/s(SATA3.0)搭載
USB3.0 (スーパースピードUSB) を搭載
静音電源を標準搭載
EM041 ブラック(MicroATX)採用



■AMD A4-5300 (デュアルコア/定格3.40GHz/ターボコア動作時最大3.60GHz/L2キャッシュ1MB/65W)
■AMD Radeon HD 7480D グラフィックス(CPUに内蔵)
■【PC3-12800】4GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx1)
■500GB , SATA接続
■DVD スーパーマルチドライブ 
■AMD A75チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
■350W 静音電源
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Regulus AT - レグルス AT 現在スペック&価格


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD Trinity APU搭載ミニタワーパソコン
AMD Radeon HD 7480D グラフィックス
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



■外形寸法 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ) mm
■ベイ 5インチ×2(1) / 3.5インチ×2(2) / 3.5インチシャドウ×2(1)
■前面USB2.0 x2 背面:USB2.0 x4 USB3.0 x2 PS/2 キーボード x1 マウス x1
■カラー ブラック

高性能グラフィックス機能内蔵、最新APU「Trinity」搭載

前世代の「Llano」APUに比べて、格段に強化された
内蔵グラフィックス性能を持つ「Trinity」APUを採用。

特に、レタッチやグラフィック系ソフトのフィルタ処理速度などが大幅に向上し、
別途、グラフィックスカードを追加することなく
これらの作業を快適に行うことが出来ます。



ドスパラさんの第2世代AMD AシリーズAPUの

新型Trinityを積んだ低価格高性能パソコン

Regulus AT さんです。

CPUに新型AMD A4-5300を搭載していて

インストールOSが64bit版windows7なので

搭載されている4GBのメモリもフルに活用できます。

500GBのハードディスクを搭載していて

従来のUSB2.0よりも高速な転送速度を誇る

新規格USB3.0にも対応していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね。

AMDさんの新型デュアルコアCPUのAMD A4-5300を

積んでこの価格水準に収まってるあたりはロマン点どど上がりスね(@0@)

デュアルコアCPUとミドルクラスのグラフィックボード性能を

統合したFusion APUの性能は

すでに出回ってるインテルさんの統合CPUと

比べてもグラフィック性能がだいぶ高くなってます。

第2世代AMD AシリーズAPUになって確実にパゥワーアップされているので

グラフィックボードを搭載していなくても

3Dタイトルのネットゲームにも手が出せちゃいますね。

それほど高負荷な3Dのタイトルを遊ぼうと

思っていない方にとってはノーグラフィックボードで

なるべく予算を抑えつつ快適な環境が手に入る

ナイスなRegulus AT さんです。

進化したTurbo Core 3.0はCPUだけでなくGPUまでも

自動クロックアップでフンガァ(,,#゚Д゚):∴;なので

あれです(@0@)頑張り屋さんですね。

クアッドコアCPUと十分な搭載メモリのおかげで

インターネットもすいすいの作業に使っても快適です。

AMDさんのさらに進化したAシリーズAPUも

やはりコストパフォーマンスに優れてますね。

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

予算を抑えつつもあれもこれもとパソコンを活用したい方には

持って来いのRegulus AT さんですね。

インテルさんに押され気味ではありますが

新型投入で追撃ですやん(,,#゚Д゚):∴;いいですやん

侮れないですねAMDさんも(@0@)

だがまだまだだAMDさん(,,#゚Д゚):∴;もっともっと求む

やべぇ惹かれるぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと宜しくです↓↓\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

Prime Raytrek Lite JF Office2010セットモデル 価格

Prime Raytrek Lite JF Office2010セットモデル


インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載Prime

第2世代インテルCore i5搭載モデル
CAD向けエントリーグラフィック搭載

Microsoft(R) Office Personal 2010
HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
CPU インテル Core i5-2400 プロセッサー 搭載
超高クロック動作を実現するインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
高速DDR3 メモリー(PC3-10600)搭載
3DCG/コンポジット向けハイエンドグラフィックス「NVIDIA® Quadro® 600」搭載
USB3.0ポート搭載
コンパクトJDケース 採用
23型ワイド液晶モニター付き



■インテル Core i5-2400 プロセッサー
(クアッドコア/定格3.10GHz/TB時最大3.40GHz/L3キャッシュ6MB)
■NVIDIA Quadro 600 1GB (2画面対応/DVI x1, DisplayPort x1)
■4GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/2GBx2/デュアルチャネル)
■1TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA III)
■DVDスーパーマルチドライブ
■インテル H67 Express チップセット ATXマザーボード
(不具合対策済み B3 Stepping チップセット)
■550W 静音電源 (DELTA ELECTRONICS 製)
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■Microsoft(R) Office Personal 2010 (Word/Excel/Outlook)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※スピーカーは別売りです。

Prime Raytrek Lite JF Office2010セットモデル 現在スペック&価格


第2世代インテルCore i5搭載モデル
(SandyBridge/不具合対策済チップセット搭載)
NVIDIA Quadro グラフィックス搭載
幅わずか14cmのコンパクトケースを採用
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



コンパクトJDケース 詳細
■外形寸法 幅140 × 奥行き317 × 高さ323 mm
■電源ユニット SFX 300W電源
■カラー ブラック

インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載Prime

第2世代「インテル® Core i5 プロセッサー」を搭載。

クアッドコアによる4つのプロセッシング・スレッド、
6MBの共有L3キャッシュなどこれまでのシリーズ共通の特徴に加え、

TDPを超えた高クロック動作を実現する
「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」、

最新ストレージインターフェース SATA 6Gb/s(SATA3.0)、
CPUに直結したグラフィックス・インターフェースなど、
快適な動作を約束する最新の「Prime」です

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション

高度な技術を駆使する3DCGやコンポジット等、
DCC (デジタルコンテンツ制作) には高性能なコンピューターが欠かせません。

STUDIO4℃をはじめ、多くのアニメーションスタジオでの
採用実績を持つ「Prime Raytrek」シリーズは

最新技術を導入したクリエイター専用設計で、プロフェッショナルから
明日のプロを目指すアマチュアクリエイターまで、クリエイティブを強力にバックアップします。



ドスパラさんの3DCG・映像・CAD製作に特化した

ハイスペックなコンパクトパソコン

Prime Raytrek Lite JF Office2010セットモデルさんです。

CPUにインテル Core i5-2400 プロセッサー を搭載

インストールされているOSが64bit版windows7なので

搭載されているメモリ4GBもフルに活用する事ができます。

従来よりも高速なSATAⅢ接続で

1TBのハードディスクを搭載していて

グラフィックボードにはコンテンツ制作向けの

NVIDIA® Quadro® 600を搭載

従来のUSB2.0よりも高速な新規格

USB3.0にも対応していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね(@0@)

デジタルコンテンツ制作に欠かせない

高性能CPU&大容量メモリ&高性能グラフィックボードと

作業に超快適なパソコン仕様にロマン点追加スね(@0@)

インテルCore™ iシリーズ第2世代CPUは従来よりも

ターボブーストテクノロジーが強化されたり

動画編集能力の大幅なパゥワーアップマンだったりの

おかげで以前よりもインターネットどすいすいの

作業に使っても相当快適です(@0@)

複数コアなので同時作業にも強いし

インテル Core i5-2400 プロセッサーレベルのCPUともなると

普段使っていて困る事がないくらいの

ナイスCPUさんですね( ;∀;)

お仕事にも使おうと思ったらMicrosoft(R) Officeが

あった方が何かと役立つので

初めからMicrosoft(R) Officeが入っていて

さらに作業に向いてますね( ;∀;)嫌ですが超嫌ですが

PowerPointも必要な方はMicrosoft(R) Office Personalには

入っていないのでカスタマイズで

Microsoft(R) Office Home and Business か

Microsoft(R) Office Professionalに

バージョンを換えるのを忘れないようにしましょう

搭載されているグラフィックボードが

一般向けのGeForceシリーズではなく

クリエイター向けに特化したQuadroシリーズ

NVIDIA® Quadro® 600と高性能さんなので

本気の作業向けパソコンを探している方には

まさに持って来いのPrime Raytrek Lite JFさんですね(@0@)

このレベルになるともう普通にさくさくだし

安定して作業がこなせるナイスガイです。

CGやら映像やらで使うパソコンなら

コレくらい本気度&ロマン度が高い代物じゃないと

カクカクじゃ効率が悪いどころか

まずやる気がしぼむますわ( ;∀;)

超本気の作業用パソコンさんやね。

付属の液晶も単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

お得になってますね(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするのもナイスです。

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

以前よりもさらにコストパフォーマンスが良くなってますね( ;∀;)

お仕事がはかどるパソコンさんなんて嫌ですが( ;∀;)

それでもイライラするよりはロマンあるね。

カクカク嫌や( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓。\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  


コントラスト比が大幅アップなLEDバックライト液晶とは?


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?


Prime Raytrek Lite JF 23インチ液晶セットモデル 価格

Prime Raytrek Lite JF 23インチ液晶セットモデル


インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載Prime

第2世代インテルCore i5搭載モデル
CAD向けエントリーグラフィック搭載

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
CPU インテル Core i5-2400 プロセッサー 搭載
超高クロック動作を実現するインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
高速DDR3 メモリー(PC3-10600)搭載
3DCG/コンポジット向けハイエンドグラフィックス「NVIDIA® Quadro® 600」搭載
USB3.0ポート搭載
コンパクトJDケース 採用
23型ワイド液晶モニター付き



■インテル Core i5-2400 プロセッサー
(クアッドコア/定格3.10GHz/TB時最大3.40GHz/L3キャッシュ6MB)
■NVIDIA Quadro 600 1GB (2画面対応/DVI x1, DisplayPort x1)
■4GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/2GBx2/デュアルチャネル)
■1TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA III)
■DVDスーパーマルチドライブ
■インテル H67 Express チップセット ATXマザーボード
(不具合対策済み B3 Stepping チップセット)
■550W 静音電源 (DELTA ELECTRONICS 製)
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※スピーカーは別売りです。

Prime Raytrek Lite JF 23インチ液晶セットモデル 現在スペック&価格


第2世代インテルCore i5搭載モデル
(SandyBridge/不具合対策済チップセット搭載)
NVIDIA Quadro グラフィックス搭載
幅わずか14cmのコンパクトケースを採用
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



コンパクトJDケース 詳細
■外形寸法 幅140 × 奥行き317 × 高さ323 mm
■電源ユニット SFX 300W電源
■カラー ブラック

インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載Prime

第2世代「インテル® Core i5 プロセッサー」を搭載。

クアッドコアによる4つのプロセッシング・スレッド、
6MBの共有L3キャッシュなどこれまでのシリーズ共通の特徴に加え、

TDPを超えた高クロック動作を実現する
「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」、

最新ストレージインターフェース SATA 6Gb/s(SATA3.0)、
CPUに直結したグラフィックス・インターフェースなど、
快適な動作を約束する最新の「Prime」です

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション

高度な技術を駆使する3DCGやコンポジット等、
DCC (デジタルコンテンツ制作) には高性能なコンピューターが欠かせません。

STUDIO4℃をはじめ、多くのアニメーションスタジオでの
採用実績を持つ「Prime Raytrek」シリーズは

最新技術を導入したクリエイター専用設計で、プロフェッショナルから
明日のプロを目指すアマチュアクリエイターまで、クリエイティブを強力にバックアップします。



ドスパラさんの3DCG・映像・CAD製作に特化した

ハイスペックなコンパクトパソコン

Prime Raytrek Lite JF 23インチ液晶セットモデルさんです。

CPUにインテル Core i5-2400 プロセッサー を搭載

インストールされているOSが64bit版windows7なので

搭載されているメモリ4GBもフルに活用する事ができます。

従来よりも高速なSATAⅢ接続で

1TBのハードディスクを搭載していて

グラフィックボードにはコンテンツ制作向けの

NVIDIA® Quadro® 600を搭載

従来のUSB2.0よりも高速な新規格

USB3.0にも対応していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね(@0@)

デジタルコンテンツ制作に欠かせない

高性能CPU&大容量メモリ&高性能グラフィックボードと

作業に超快適なパソコン仕様にロマン点追加スね(@0@)

インテルCore™ iシリーズ第2世代CPUは従来よりも

ターボブーストテクノロジーが強化されたり

動画編集能力の大幅なパゥワーアップマンだったりの

おかげで以前よりもインターネットどすいすいの

作業に使っても相当快適です(@0@)

複数コアなので同時作業にも強いし

インテル Core i5-2400 プロセッサーレベルのCPUともなると

普段使っていて困る事がないくらいの

ナイスCPUさんですね( ;∀;)

搭載されているグラフィックボードが

一般向けのGeForceシリーズではなく

クリエイター向けに特化したQuadroシリーズ

NVIDIA® Quadro® 600と高性能さんなので

本気の作業向けパソコンを探している方には

まさに持って来いのPrime Raytrek Lite JFさんですね(@0@)

このレベルになるともう普通にさくさくだし

安定して作業がこなせるナイスガイです。

CGやら映像やらで使うパソコンなら

コレくらい本気度&ロマン度が高い代物じゃないと

カクカクじゃ効率が悪いどころか

まずやる気がしぼむますわ( ;∀;)

超本気の作業用パソコンさんやね。

付属の液晶も単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

お得になってますね(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするのもナイスです。

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

パソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選ぶべし(@0@)

以前よりもさらにコストパフォーマンスが良くなってますね( ;∀;)

お仕事がはかどるパソコンさんなんて嫌ですが( ;∀;)

それでもイライラするよりはロマンあるね。

カクカク嫌や( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓。\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  


コントラスト比が大幅アップなLEDバックライト液晶とは?


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?


Prime A Regulus AM Office2010セットモデル 価格

Prime A Regulus AM Office2010セットモデル


インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載Prime

クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD A-Series APU搭載ミニタワーパソコン

Microsoft(R) Office Personal 2010
新型CPU AMD デュアルコア A4-3400 APU搭載
最新のゲームプレイスタイルに対応する「デュアルコア」
Radeon HD 6410D グラフィックスをCPUに内蔵
デュアルグラフィックスブースト対応
高速DDR3 メモリー(PC3-10600)搭載
USB3.0ポート搭載
GWケース ブラック (ATX ミドルタワー)採用
21.5型ワイド液晶モニター付き



■AMD A4-3400 APU(デュアルコア/2.70GHz/1MB L2キャッシュ)
■AMD Radeon HD 6410D グラフィックス(CPUに内蔵)
■4GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/2GBx2/デュアルチャネル)
■500GB , SATA接続
■DVDスーパーマルチドライブ
■AMD A75チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
■350W 静音電源
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■プリインストール版 Microsoft(R) Office Personal 2010(Word/Excel/Outlook)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※スピーカーは別売りです。

Prime A Regulus AM Office2010セットモデル 現在スペック&価格


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD A-Series APU搭載ミニタワーパソコン
AMD Radeon™ HD 6410D グラフィックス
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



BLケース ブラック (マイクロATXタワー)詳細
■外形寸法 181(幅)×387(奥行き)×364(高さ)mm
■ベイ 5インチベイ × 2 3.5インチベイ × 2 3.5インチシャドウベイ × 2
■吸気⁄排気 背面:90mm
■前面端子 USB2.0×2、USB3.0×2、音声入出力
■カラー ホワイト/ブラック

AMD デュアルコア A4-3400 APUには、Direct®X11に
対応したグラフィックスAMD Radeon™ HD 6410Dが内蔵されています。

高性能のグラフィックスを内蔵しながら低価格で当CPU搭載の
パソコンをお買い求めになれます。

ハイビジョン動画やゲームなど、PCに負荷の高い操作も快適です。
※一部機種はクアッドコアを取り扱っています。

デュアルグラフィックスブースト

対応したAMD Radeon HD グラフィックスカードを
追加することで、グラフィックスの能力をパワーアップできる
「デュアルグラフィックスブースト」機能を搭載。

グラフィックスカード単独の能力に加え、
CPUに内蔵されたグラフィックスのパワーを追加。

最新の3Dゲームを楽しみたい場合にも、
コストパフォーマンスに優れたシステムを構築できます。
(※)「デュアルグラフィックスブースト」に対応したカードが必要です。



ドスパラさんのPrime A Regulus AM Office2010セットモデルさん。

AMDの新型デュアルコアCPUを搭載した低価格な

新型パソコンさんです。

CPUにはAMD デュアルコア A4-3400 APUを搭載

インストールOSは64bit版windows7なので

搭載されている4GBのメモリもフルに活用できます。

ハードディスクも500GBを搭載していて

従来のUSB2.0よりも高速な新規格USB3.0にも

対応していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がっています。

AMD新型のA4-3400 APUを

積んでるあたりにロマン点だだ上がりスね(@0@)

デュアルコアCPUとグラフィックボード性能を

統合したFusion APUの性能は

すでに出回ってるインテルさんの統合CPUと

比べてもグラフィック性能がだいぶ高くなってます。

おかげでグラフィックボードを搭載していなくても

軽めのネットゲームに手が出せちゃいます。

それほど高負荷3Dのタイトルを遊ぼうと

思っていない方にとってはノーグラフィックボードで

予算を抑えつつ快適な環境が手に入る

Prime A Regulus AMさんですね。

軽めにネットゲームで遊ぶ程度で極力予算を

抑えたい方にはぴったりです(@0@)

CPU統合グラフィックとグラフィックボードを

合わせてより性能を引き出す

新機能のデュアルグラフィックスブーストに対応してるので

スペック不足を感じた時に

対応したグラフィックボードを増設すればより高い

グラフィック環境になるのでナイス機能スね( ;∀;)

デュアルコアCPUと十分な搭載メモリのおかげで

インターネットもすいすいの作業に使っても快適です。

複数コアなので同時作業にも強いですしね。

お仕事にも使おうと思ったらMicrosoft(R) Officeが

あった方が何かと役立つので

初めからMicrosoft(R) Officeが入っていて

さらに作業に向いてますね( ;∀;)嫌ですが超嫌ですが

PowerPointも必要な方はMicrosoft(R) Office Personalには

入っていないのでカスタマイズで

Microsoft(R) Office Home and Business か

Microsoft(R) Office Professionalに

バージョンを換えるのを忘れないようにしましょう

付属の液晶も単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

お得になってますね(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするのもナイスです。

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

AMDのグラフィック機能強化を施した

新型もやはりコストパフォーマンスに優れてますね。

AMDの新型CPUを搭載したパソコンさんがこの価格水準とは

それでいてパソコン生活も軽くネットゲームも

遊べてしまうとは

さすがAMDさまさまでロマンが満ち溢れてやがります(@0@)

ロマン点だだ上がりでしょこんなん( ;∀;)

素晴らしすぎるコストパフォーマンス

こぇ~欲しス( ;∀;)

AMDやるねぇ
と思った方は
↓↓ぽちっと宜しくです↓↓。\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  


コントラスト比が大幅アップなLEDバックライト液晶とは?


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?


Prime Raytrek Lite JF 価格

Prime Raytrek Lite JF - プライム レイトレック ライト JF


インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載Prime

第2世代インテルCore i5搭載モデル
CAD向けエントリーグラフィック搭載

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
CPU インテル Core i5-2400 プロセッサー 搭載
超高クロック動作を実現するインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
高速DDR3 メモリー(PC3-10600)搭載
3DCG/コンポジット向けハイエンドグラフィックス「NVIDIA® Quadro® 600」搭載
USB3.0ポート搭載
コンパクトJDケース 採用



■インテル Core i5-2400 プロセッサー
(クアッドコア/定格3.10GHz/TB時最大3.40GHz/L3キャッシュ6MB)
■NVIDIA Quadro 600 1GB (2画面対応/DVI x1, DisplayPort x1)
■4GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/2GBx2/デュアルチャネル)
■1TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA III)
■DVDスーパーマルチドライブ
■インテル H67 Express チップセット ATXマザーボード
(不具合対策済み B3 Stepping チップセット)
■550W 静音電源 (DELTA ELECTRONICS 製)
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Prime Raytrek Lite JF - プライム レイトレック ライト JF 現在スペック&価格


第2世代インテルCore i5搭載モデル
(SandyBridge/不具合対策済チップセット搭載)
NVIDIA Quadro グラフィックス搭載
幅わずか14cmのコンパクトケースを採用
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



コンパクトJDケース 詳細
■外形寸法 幅140 × 奥行き317 × 高さ323 mm
■電源ユニット SFX 300W電源
■カラー ブラック

インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載Prime

第2世代「インテル® Core i5 プロセッサー」を搭載。

クアッドコアによる4つのプロセッシング・スレッド、
6MBの共有L3キャッシュなどこれまでのシリーズ共通の特徴に加え、

TDPを超えた高クロック動作を実現する
「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」、

最新ストレージインターフェース SATA 6Gb/s(SATA3.0)、
CPUに直結したグラフィックス・インターフェースなど、
快適な動作を約束する最新の「Prime」です

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション

高度な技術を駆使する3DCGやコンポジット等、
DCC (デジタルコンテンツ制作) には高性能なコンピューターが欠かせません。

STUDIO4℃をはじめ、多くのアニメーションスタジオでの
採用実績を持つ「Prime Raytrek」シリーズは

最新技術を導入したクリエイター専用設計で、プロフェッショナルから
明日のプロを目指すアマチュアクリエイターまで、クリエイティブを強力にバックアップします。



ドスパラさんの3DCG・映像・CAD製作に特化した

ハイスペックなコンパクトパソコン

Prime Raytrek Lite JFさんです。

CPUにインテル Core i5-2400 プロセッサー を搭載

インストールされているOSが64bit版windows7なので

搭載されているメモリ4GBもフルに活用する事ができます。

従来よりも高速なSATAⅢ接続で

1TBのハードディスクを搭載していて

グラフィックボードにはコンテンツ制作向けの

NVIDIA® Quadro® 600を搭載

従来のUSB2.0よりも高速な新規格

USB3.0にも対応していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね(@0@)

デジタルコンテンツ制作に欠かせない

高性能CPU&大容量メモリ&高性能グラフィックボードと

作業に超快適なパソコン仕様にロマン点追加スね(@0@)

インテルCore™ iシリーズ第2世代CPUは従来よりも

ターボブーストテクノロジーが強化されたり

動画編集能力の大幅なパゥワーアップマンだったりの

おかげで以前よりもインターネットどすいすいの

作業に使っても相当快適です(@0@)

複数コアなので同時作業にも強いし

インテル Core i5-2400 プロセッサーレベルのCPUともなると

普段使っていて困る事がないくらいの

ナイスCPUさんですね( ;∀;)

搭載されているグラフィックボードが

一般向けのGeForceシリーズではなく

クリエイター向けに特化したQuadroシリーズ

NVIDIA® Quadro® 600と高性能さんなので

本気の作業向けパソコンを探している方には

まさに持って来いのPrime Raytrek Lite JFさんですね(@0@)

このレベルになるともう普通にさくさくだし

安定して作業がこなせるナイスガイです。

CGやら映像やらで使うパソコンなら

コレくらい本気度&ロマン度が高い代物じゃないと

カクカクじゃ効率が悪いどころか

まずやる気がしぼむますわ( ;∀;)

超本気の作業用パソコンさんやね。

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

パソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選ぶべし(@0@)

以前よりもさらにコストパフォーマンスが良くなってますね( ;∀;)

お仕事がはかどるパソコンさんなんて嫌ですが( ;∀;)

それでもイライラするよりはロマンあるね。

カクカク嫌や( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓。\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  


コントラスト比が大幅アップなLEDバックライト液晶とは?


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?


Prime A Regulus AM 21.5インチ液晶セットモデル 価格

Prime A Regulus AM 21.5インチ液晶セットモデル


インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載Prime

クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD A-Series APU搭載ミニタワーパソコン

新型CPU AMD デュアルコア A4-3400 APU搭載
最新のゲームプレイスタイルに対応する「デュアルコア」
Radeon HD 6410D グラフィックスをCPUに内蔵
デュアルグラフィックスブースト対応
高速DDR3 メモリー(PC3-10600)搭載
USB3.0ポート搭載
GWケース ブラック (ATX ミドルタワー)採用
21.5型ワイド液晶モニター付き



■AMD A4-3400 APU(デュアルコア/2.70GHz/1MB L2キャッシュ)
■AMD Radeon HD 6410D グラフィックス(CPUに内蔵)
■4GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/2GBx2/デュアルチャネル)
■500GB , SATA接続
■DVDスーパーマルチドライブ
■AMD A75チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
■350W 静音電源
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※スピーカーは別売りです。

Prime A Regulus AM 21.5インチ液晶セットモデル 現在スペック&価格


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD A-Series APU搭載ミニタワーパソコン
AMD Radeon™ HD 6410D グラフィックス
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



BLケース ブラック (マイクロATXタワー)詳細
■外形寸法 181(幅)×387(奥行き)×364(高さ)mm
■ベイ 5インチベイ × 2 3.5インチベイ × 2 3.5インチシャドウベイ × 2
■吸気⁄排気 背面:90mm
■前面端子 USB2.0×2、USB3.0×2、音声入出力
■カラー ホワイト/ブラック

AMD デュアルコア A4-3400 APUには、Direct®X11に
対応したグラフィックスAMD Radeon™ HD 6410Dが内蔵されています。

高性能のグラフィックスを内蔵しながら低価格で当CPU搭載の
パソコンをお買い求めになれます。

ハイビジョン動画やゲームなど、PCに負荷の高い操作も快適です。
※一部機種はクアッドコアを取り扱っています。

デュアルグラフィックスブースト

対応したAMD Radeon HD グラフィックスカードを
追加することで、グラフィックスの能力をパワーアップできる
「デュアルグラフィックスブースト」機能を搭載。

グラフィックスカード単独の能力に加え、
CPUに内蔵されたグラフィックスのパワーを追加。

最新の3Dゲームを楽しみたい場合にも、
コストパフォーマンスに優れたシステムを構築できます。
(※)「デュアルグラフィックスブースト」に対応したカードが必要です。



ドスパラさんのPrime A Regulus AM 21.5インチ液晶セットモデルさん。

AMDの新型デュアルコアCPUを搭載した低価格な

新型パソコンさんです。

CPUにはAMD デュアルコア A4-3400 APUを搭載

インストールOSは64bit版windows7なので

搭載されている4GBのメモリもフルに活用できます。

ハードディスクも500GBを搭載していて

従来のUSB2.0よりも高速な新規格USB3.0にも

対応していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がっています。

AMD新型のA4-3400 APUを

積んでるあたりにロマン点だだ上がりスね(@0@)

デュアルコアCPUとグラフィックボード性能を

統合したFusion APUの性能は

すでに出回ってるインテルさんの統合CPUと

比べてもグラフィック性能がだいぶ高くなってます。

おかげでグラフィックボードを搭載していなくても

軽めのネットゲームに手が出せちゃいます。

それほど高負荷3Dのタイトルを遊ぼうと

思っていない方にとってはノーグラフィックボードで

予算を抑えつつ快適な環境が手に入る

Prime A Regulus AMさんですね。

軽めにネットゲームで遊ぶ程度で極力予算を

抑えたい方にはぴったりです(@0@)

CPU統合グラフィックとグラフィックボードを

合わせてより性能を引き出す

新機能のデュアルグラフィックスブーストに対応してるので

スペック不足を感じた時に

対応したグラフィックボードを増設すればより高い

グラフィック環境になるのでナイス機能スね( ;∀;)

デュアルコアCPUと十分な搭載メモリのおかげで

インターネットもすいすいの作業に使っても快適です。

複数コアなので同時作業にも強いですしね。

付属の液晶も単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

お得になってますね(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするのもナイスです。

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

パソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選ぶべし(@0@)

AMDのグラフィック機能強化を施した

新型もやはりコストパフォーマンスに優れてますね。

AMDの新型CPUを搭載したパソコンさんがこの価格水準とは

それでいてパソコン生活も軽くネットゲームも

遊べてしまうとは

さすがAMDさまさまでロマンが満ち溢れてやがります(@0@)

ロマン点だだ上がりでしょこんなん( ;∀;)

素晴らしすぎるコストパフォーマンス

こぇ~欲しス( ;∀;)

AMDやるねぇ
と思った方は
↓↓ぽちっと宜しくです↓↓。\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  


コントラスト比が大幅アップなLEDバックライト液晶とは?


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?


Prime A Regulus AM 価格

Prime A Regulus AM - プライム エー レグルス AM


インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載Prime

クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD A-Series APU搭載ミニタワーパソコン

新型CPU AMD デュアルコア A4-3400 APU搭載
最新のゲームプレイスタイルに対応する「デュアルコア」
Radeon HD 6410D グラフィックスをCPUに内蔵
デュアルグラフィックスブースト対応
高速DDR3 メモリー(PC3-10600)搭載
USB3.0ポート搭載
GWケース ブラック (ATX ミドルタワー)採用



■AMD A4-3400 APU(デュアルコア/2.70GHz/1MB L2キャッシュ)
■AMD Radeon HD 6410D グラフィックス(CPUに内蔵)
■4GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/2GBx2/デュアルチャネル)
■500GB , SATA接続
■DVDスーパーマルチドライブ
■AMD A75チップセット搭載 マイクロATXマザーボード
■350W 静音電源
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Prime A Regulus AM - プライム エー レグルス AM 現在スペック&価格


クラスを超えたスムーズな動画再生
AMD A-Series APU搭載ミニタワーパソコン
AMD Radeon™ HD 6410D グラフィックス
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



BLケース ブラック (マイクロATXタワー)詳細
■外形寸法 181(幅)×387(奥行き)×364(高さ)mm
■ベイ 5インチベイ × 2 3.5インチベイ × 2 3.5インチシャドウベイ × 2
■吸気⁄排気 背面:90mm
■前面端子 USB2.0×2、USB3.0×2、音声入出力
■カラー ホワイト/ブラック

AMD デュアルコア A4-3400 APUには、Direct®X11に
対応したグラフィックスAMD Radeon™ HD 6410Dが内蔵されています。

高性能のグラフィックスを内蔵しながら低価格で当CPU搭載の
パソコンをお買い求めになれます。

ハイビジョン動画やゲームなど、PCに負荷の高い操作も快適です。
※一部機種はクアッドコアを取り扱っています。

デュアルグラフィックスブースト

対応したAMD Radeon HD グラフィックスカードを
追加することで、グラフィックスの能力をパワーアップできる
「デュアルグラフィックスブースト」機能を搭載。

グラフィックスカード単独の能力に加え、
CPUに内蔵されたグラフィックスのパワーを追加。

最新の3Dゲームを楽しみたい場合にも、
コストパフォーマンスに優れたシステムを構築できます。
(※)「デュアルグラフィックスブースト」に対応したカードが必要です。



ドスパラさんのPrime A Regulus AMさん。

AMDの新型デュアルコアCPUを搭載した低価格な

新型パソコンさんです。

CPUにはAMD デュアルコア A4-3400 APUを搭載

インストールOSは64bit版windows7なので

搭載されている4GBのメモリもフルに活用できます。

ハードディスクも500GBを搭載していて

従来のUSB2.0よりも高速な新規格USB3.0にも

対応していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がっています。

AMD新型のA4-3400 APUを

積んでるあたりにロマン点だだ上がりスね(@0@)

デュアルコアCPUとグラフィックボード性能を

統合したFusion APUの性能は

すでに出回ってるインテルさんの統合CPUと

比べてもグラフィック性能がだいぶ高くなってます。

おかげでグラフィックボードを搭載していなくても

軽めのネットゲームに手が出せちゃいます。

それほど高負荷3Dのタイトルを遊ぼうと

思っていない方にとってはノーグラフィックボードで

予算を抑えつつ快適な環境が手に入る

Prime A Regulus AMさんですね。

軽めにネットゲームで遊ぶ程度で極力予算を

抑えたい方にはぴったりです(@0@)

CPU統合グラフィックとグラフィックボードを

合わせてより性能を引き出す

新機能のデュアルグラフィックスブーストに対応してるので

スペック不足を感じた時に

対応したグラフィックボードを増設すればより高い

グラフィック環境になるのでナイス機能スね( ;∀;)

デュアルコアCPUと十分な搭載メモリのおかげで

インターネットもすいすいの作業に使っても快適です。

複数コアなので同時作業にも強いですしね。

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

パソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選ぶべし(@0@)

AMDのグラフィック機能強化を施した

新型もやはりコストパフォーマンスに優れてますね。

AMDの新型CPUを搭載したパソコンさんがこの価格水準とは

それでいてパソコン生活も軽くネットゲームも

遊べてしまうとは

さすがAMDさまさまでロマンが満ち溢れてやがります(@0@)

ロマン点だだ上がりでしょこんなん( ;∀;)

素晴らしすぎるコストパフォーマンス

こぇ~欲しス( ;∀;)

AMDやるねぇ
と思った方は
↓↓ぽちっと宜しくです↓↓。\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  


コントラスト比が大幅アップなLEDバックライト液晶とは?


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?


ブログ内検索フォーム
過去ログ + 全記事

2017年 08月 【77件】
2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【16件】
2017年 05月 【158件】
2017年 04月 【9件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【13件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【359件】
2015年 03月 【531件】
2015年 02月 【202件】
2015年 01月 【487件】
2014年 12月 【684件】
2014年 11月 【747件】
2014年 10月 【752件】
2014年 09月 【752件】
2014年 08月 【759件】
2014年 07月 【815件】
2014年 06月 【829件】
2014年 05月 【872件】
2014年 04月 【826件】
2014年 03月 【892件】
2014年 02月 【766件】
2014年 01月 【860件】
2013年 12月 【840件】
2013年 11月 【818件】
2013年 10月 【815件】
2013年 09月 【796件】
2013年 08月 【791件】
2013年 07月 【765件】
2013年 06月 【730件】
2013年 05月 【704件】
2013年 04月 【658件】
2013年 03月 【669件】
2013年 02月 【573件】
2013年 01月 【622件】
2012年 12月 【579件】
2012年 11月 【590件】
2012年 10月 【613件】
2012年 09月 【602件】
2012年 08月 【616件】
2012年 07月 【632件】
2012年 06月 【643件】
2012年 05月 【724件】
2012年 04月 【624件】
2012年 03月 【624件】
2012年 02月 【612件】
2012年 01月 【610件】
2011年 12月 【592件】
2011年 11月 【432件】
2011年 10月 【424件】
2011年 09月 【429件】
2011年 08月 【412件】
2011年 07月 【379件】
2011年 06月 【293件】
2011年 05月 【219件】
2011年 04月 【171件】
2011年 03月 【129件】
2011年 02月 【167件】
2011年 01月 【138件】
2010年 12月 【102件】
2010年 11月 【81件】
2010年 10月 【67件】
2010年 09月 【53件】
2010年 08月 【48件】
2010年 07月 【41件】
2010年 06月 【33件】
2010年 05月 【36件】
2010年 04月 【33件】
2010年 03月 【35件】
2010年 02月 【37件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【14件】
2009年 11月 【24件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【21件】
2009年 05月 【4件】

コンテンツ
スポンサード リンク
スポンサードリンク
レノボキャンペーン
全記事表示リンク