PC新型情報パソコーン

パソコンの新型情報を毎日更新中

raytrek LB P2 レイトレック LB P2

ドスパラ スペック(2017年9月7日時点性能)
raytrek LB P2 レイトレック LB P2

ドスパラさんのミニタワーケースを採用した
Quadro採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek LB P2 レイトレック LB P2 さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA Quadro P2000を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i5-7500
(クアッドコア/定格3.40GHz/TB時最大3.80GHz/L3キャッシュ6MB)
■グラフィック NVIDIA Quadro P2000 5GB
■メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/4GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 《無料プレゼント中》250GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル B250 チップセット マイクロATXマザーボード
■電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
■ケース Diginnosオリジナルケース EM041 ブラック(MicroATX)
■サイズ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
■重量 約7.8kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek LB P2 レイトレック LB P2 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i5-7500 プロセッサーを搭載していて

従来よりCPU性能グラフィック性能共に進化してるので
インターネットや動画を観たり作業に使っても
困る事がないくらいの高性能なスペックですね(@0@)

メモリ8GBにハードディスクの容量も1.0TBに
250GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキテクチャPascal採用の
NVIDIA Quadro P2000を搭載してます。

旧モデルよりも大幅に性能が進化していて
ゲームよりも本格的な作業に性能を発揮してくれるグラボなので
お仕事用のパソコンにもってこいの出来ですね。
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年9月7日現在 
期間限定のSSD無償アップグレードとナイスキャンペーン中ですね
(@0@)
クリエイター向けQuadro シリーズ 現在のラインナップ
raytrek LB P2 レイトレック LB P2 現在価格


コンパクトでありながら、
思い通りの構成を実現できる優れた搭載能力

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek LC M2 レイトレック M2

ドスパラ スペック(2017年9月7日時点性能)
raytrek LC M2 レイトレック M2

ドスパラさんのタワーケースを採用した
Quadro採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek LC M2 レイトレック M2 さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA Quadro M2000を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA Quadro M2000 4GB (4画面対応/DisplayPort x4)
■メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 《無料プレゼント中》250GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル H270 チップセット ATXマザーボード
■電源 《500Wから無料アップグレード中》
Enhance 600W 静音電源 (80PLUS TITANIUM / ATX-1860)
■ケース Diginnosオリジナルケース EM041 ブラック(MicroATX)
■サイズ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
■重量 約7.8kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek LC M2 レイトレック M2 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ16GBにハードディスクの容量も2.0TBに
250GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには旧アーキテクチャMaxwell採用の
NVIDIA Quadro M2000を搭載してます。

旧モデルよりも大幅に性能が進化していて
ゲームよりも本格的な作業に性能を発揮してくれるグラボなので
お仕事用のパソコンにもってこいの出来ですね。
ただし最新のアーキテクチャを採用したグラボの方が
パワーが大幅に進化してるのでそっちの方がおすすめですね
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年9月7日現在 
期間限定の電源無償アップグレードとナイスキャンペーン中ですね
(@0@)
クリエイター向けQuadro シリーズ 現在のラインナップ
raytrek LC M2 レイトレック M2 現在価格


ハイエンド構成にも対応
大型グラフィックスカードや高クロックCPUなど、
負荷のかかる計算をこなすハイエンドパーツを搭載しても
十分なスペースのある設計。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek LT M2 レイトレック LT M2

ドスパラ スペック(2017年9月7日時点性能)
raytrek LT M2 レイトレック LT M2

ドスパラさんのミニタワーケースを採用した
Quadro採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek LT M2 レイトレック LT M2 さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA Quadro M2000を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA Quadro M2000 4GB (4画面対応/DisplayPort x4)
■メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 《無料プレゼント中》250GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル B250 チップセット マイクロATXマザーボード
■電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
■ケース Diginnosオリジナルケース EM041 ブラック(MicroATX)
■サイズ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
■重量 約7.8kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek LT M2 レイトレック LT M2 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ16GBにハードディスクの容量も2.0TBに
250GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには旧アーキテクチャMaxwell採用の
NVIDIA Quadro M2000を搭載してます。

旧モデルよりも大幅に性能が進化していて
ゲームよりも本格的な作業に性能を発揮してくれるグラボなので
お仕事用のパソコンにもってこいの出来ですね。
ただし最新のアーキテクチャを採用したグラボの方が
パワーが大幅に進化してるのでそっちの方がおすすめですね
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年9月7日現在 
期間限定のSSD無償アップグレードとナイスキャンペーン中ですね
(@0@)
クリエイター向けQuadro シリーズ 現在のラインナップ
raytrek LT M2 レイトレック LT M2 現在価格


コンパクトでありながら、
思い通りの構成を実現できる優れた搭載能力

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek LB M2 レイトレック LB M2

ドスパラ スペック(2017年9月7日時点性能)
raytrek LB M2 レイトレック LB M2

ドスパラさんのミニタワーケースを採用した
Quadro採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek LB M2 レイトレック LB M2 さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA Quadro M2000を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i5-7500
(クアッドコア/定格3.40GHz/TB時最大3.80GHz/L3キャッシュ6MB)
■グラフィック NVIDIA Quadro M2000 4GB (4画面対応/DisplayPort x4)
■メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/4GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 《無料プレゼント中》250GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル B250 チップセット マイクロATXマザーボード
■電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
■ケース Diginnosオリジナルケース EM041 ブラック(MicroATX)
■サイズ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
■重量 約7.8kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek LB M2 レイトレック LB M2 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i5-7500 プロセッサーを搭載していて

従来よりCPU性能グラフィック性能共に進化してるので
インターネットや動画を観たり作業に使っても
困る事がないくらいの高性能なスペックですね(@0@)

メモリ8GBにハードディスクの容量も1.0TBに
250GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには旧アーキテクチャMaxwell採用の
NVIDIA Quadro M2000を搭載してます。

旧モデルよりも大幅に性能が進化していて
ゲームよりも本格的な作業に性能を発揮してくれるグラボなので
お仕事用のパソコンにもってこいの出来ですね。
ただし最新のアーキテクチャを採用したグラボの方が
パワーが大幅に進化してるのでそっちの方がおすすめですね
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年9月7日現在 
期間限定のSSD無償アップグレードとナイスキャンペーン中ですね
(@0@)
クリエイター向けQuadro シリーズ 現在のラインナップ
raytrek LB M2 レイトレック LB M2 現在価格


コンパクトでありながら、
思い通りの構成を実現できる優れた搭載能力

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek LC P1 レイトレック P1

ドスパラ スペック(2017年9月7日時点性能)
raytrek LC P1 レイトレック P1

ドスパラさんのタワーケースを採用した
Quadro採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek LC P1 レイトレック P1 さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA Quadro P1000を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA Quadro P1000 4GB
■メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 《無料プレゼント中》250GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル H270 チップセット ATXマザーボード
■電源 《500Wから無料アップグレード中》
Enhance 600W 静音電源 (80PLUS TITANIUM / ATX-1860)
■ケース Diginnosオリジナルケース EM041 ブラック(MicroATX)
■サイズ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
■重量 約7.8kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek LC P1 レイトレック P1 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ16GBにハードディスクの容量も2.0TBに
250GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキテクチャPascal採用の
NVIDIA Quadro P1000を搭載してます。

ゲームよりも本格的な作業に性能を発揮してくれるグラボなので
お仕事用のパソコンにもってこいの出来ですね。
ローエンドモデルよりの性能が高いので
もう少しパワーが欲しい方にちょうどいいモデルでしょう
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年9月7日現在 
期間限定の電源無償アップグレードとナイスキャンペーン中ですね
(@0@)
クリエイター向けQuadro シリーズ 現在のラインナップ
raytrek LC レイトレック LC 現在価格


ハイエンド構成にも対応
大型グラフィックスカードや高クロックCPUなど、
負荷のかかる計算をこなすハイエンドパーツを搭載しても
十分なスペースのある設計。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek LC レイトレック LC

ドスパラ スペック(2017年9月6日時点性能)
raytrek LC レイトレック LC

ドスパラさんのタワーケースを採用した
Quadro採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek LC レイトレック LC さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA Quadro P600を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA Quadro P600 2GB
■メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 《無料プレゼント中》250GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル H270 チップセット ATXマザーボード
■電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
■ケース Diginnosオリジナルケース EM041 ブラック(MicroATX)
■サイズ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
■重量 約7.8kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek LC レイトレック LC 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ16GBにハードディスクの容量も2.0TBに
250GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキテクチャPascal採用の
NVIDIA Quadro P600を搭載してます。

旧モデルよりも大幅に性能が進化していて
ゲームよりも本格的な作業に性能を発揮してくれるグラボなので
お仕事用のパソコンにもってこいの出来ですね。
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年9月6日現在 
期間限定のSSD無償アップグレードとナイスキャンペーン中ですね
(@0@)
クリエイター向けQuadro シリーズ 現在のラインナップ
raytrek LC レイトレック LC 現在価格


ハイエンド構成にも対応
大型グラフィックスカードや高クロックCPUなど、
負荷のかかる計算をこなすハイエンドパーツを搭載しても
十分なスペースのある設計。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek LC-M レイトレック LC-M

ドスパラ スペック(2017年8月24日時点性能)
raytrek LC-M レイトレック LC-M

ドスパラさんのミニタワーケースを採用した
Quadro採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek LC-M レイトレック LC-M さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA Quadro P600を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA Quadro P600 2GB
■メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/4GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 《無料アップグレード中》500GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル B250 チップセット マイクロATXマザーボード
■電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
■ケース Diginnosオリジナルケース EM041 ブラック(MicroATX)
■サイズ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
■重量 約7.8kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek LC-M レイトレック LC-M 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ8GBにハードディスクの容量も1.0TBに
500GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキテクチャPascal採用の
NVIDIA Quadro P600を搭載してます。

旧モデルよりも大幅に性能が進化していて
ゲームよりも本格的な作業に性能を発揮してくれるグラボなので
お仕事用のパソコンにもってこいの出来ですね。
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年8月24日現在 
期間限定のSSD無償アップグレードとナイスキャンペーン中ですね
(@0@)
クリエイター向けQuadro シリーズ 現在のラインナップ
raytrek LC-M レイトレック LC-M 現在価格


コンパクトでありながら、
思い通りの構成を実現できる優れた搭載能力

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek LB レイトレック LB

ドスパラ スペック(2017年8月24日時点性能)
raytrek LB レイトレック LB

ドスパラさんのミニタワーケースを採用した
Quadro採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek LB レイトレック LB さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA Quadro P600を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i5-7500
(クアッドコア/定格3.40GHz/TB時最大3.80GHz/L3キャッシュ6MB)
■グラフィック NVIDIA Quadro P600 2GB
■メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/4GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 《無料プレゼント中》250GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル B250 チップセット マイクロATXマザーボード
■電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
■ケース Diginnosオリジナルケース EM041 ブラック(MicroATX)
■サイズ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
■重量 約7.8kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek LB レイトレック LB 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i5-7500 プロセッサーを搭載していて

従来よりCPU性能グラフィック性能共に進化してるので
インターネットや動画を観たり作業に使っても
困る事がないくらいの高性能なスペックですね(@0@)

メモリ8GBにハードディスクの容量も1.0TBに
250GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキテクチャPascal採用の
NVIDIA Quadro P600を搭載してます。

旧モデルよりも大幅に性能が進化していて
ゲームよりも本格的な作業に性能を発揮してくれるグラボなので
お仕事用のパソコンにもってこいの出来ですね。
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年8月24日現在 
期間限定のSSD無償アップグレードとナイスキャンペーン中ですね
(@0@)
クリエイター向けQuadro シリーズ 現在のラインナップ
raytrek LB レイトレック LB 現在価格


コンパクトでありながら、
思い通りの構成を実現できる優れた搭載能力

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek-V ZZ NVMeSSD

ドスパラ スペック(2017年8月24日時点性能)
raytrek-V ZZ NVMeSSD

ドスパラさんのタワーケースを採用した
GeForce採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek-V ZZ NVMeSSD さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA GeForce GTX1080 Ti を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700K
(クアッドコア/HT対応/定格4.20GHz/TB時最大4.50GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA GeForce GTX1080 Ti 11GB
■メモリ 32GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/16GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 【従来比最大5倍高速】256GB SSD (Samsung / M.2スロット / NVMe接続)
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル Z270 チップセット ATXマザーボード
■電源 700W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
■ケース LD ブラック(ATX)ケース
■サイズ 207(幅)×509(奥行き)×440(高さ) mm
■重量 約13kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek-V ZZ NVMeSSD 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700K プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ32GBにハードディスクの容量も2.0TBに
256GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキティクチャを採用した
NVIDIA® GeForce® GTX1080Tiを搭載しているので

最新の環境でも高い水準で
どのネットゲームも超余裕で遊べるだけのスペックだし
作業に使っても超ナイス環境ですね。

GeForce® GTX1080を超えたパゥワーと
コストパフォーマンスの高さは
さすがNVIDIA® GeForce® GTX1080Tiでしょう(@0@)
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在NVMeSSD搭載モデルの他に

●windows10インストールモデル

以上計2モデルのラインナップが発売中

クリエイター向けGeForce シリーズ 現在のラインナップ
raytrek-V ZZ NVMeSSD 現在価格


ハイエンド構成にも対応
大型グラフィックスカードや高クロックCPUなど、
負荷のかかる計算をこなすハイエンドパーツを搭載しても
十分なスペースのある設計。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek-V ZZ レイトレック-V ZZ

ドスパラ スペック(2017年8月24日時点性能)
raytrek-V ZZ レイトレック-V ZZ

ドスパラさんのタワーケースを採用した
GeForce採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU Kabylakeを積んだ
raytrek-V ZZ レイトレック-V ZZ さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA GeForce GTX1080 Ti を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700K
(クアッドコア/HT対応/定格4.20GHz/TB時最大4.50GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA GeForce GTX1080 Ti 11GB
■メモリ 32GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/16GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 500GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル Z270 チップセット ATXマザーボード
■電源 700W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
■ケース LD ブラック(ATX)ケース
■サイズ 207(幅)×509(奥行き)×440(高さ) mm
■重量 約13kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek-V ZZ レイトレック-V ZZ 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700K プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ32GBにハードディスクの容量も2.0TBに
500GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキティクチャを採用した
NVIDIA® GeForce® GTX1080Tiを搭載しているので

最新の環境でも高い水準で
どのネットゲームも超余裕で遊べるだけのスペックだし
作業に使っても超ナイス環境ですね。

GeForce® GTX1080を超えたパゥワーと
コストパフォーマンスの高さは
さすがNVIDIA® GeForce® GTX1080Tiでしょう(@0@)
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルを基本モデルとして

●NVMeSSD搭載モデル

以上計2モデルのラインナップが発売中

クリエイター向けGeForce シリーズ 現在のラインナップ
raytrek-V ZZ レイトレック-V ZZ 現在価格


ハイエンド構成にも対応
大型グラフィックスカードや高クロックCPUなど、
負荷のかかる計算をこなすハイエンドパーツを搭載しても
十分なスペースのある設計。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?
ブログ内検索フォーム
過去ログ + 全記事

2017年 10月 【33件】
2017年 09月 【27件】
2017年 08月 【105件】
2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【16件】
2017年 05月 【158件】
2017年 04月 【9件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【13件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【359件】
2015年 03月 【531件】
2015年 02月 【202件】
2015年 01月 【487件】
2014年 12月 【684件】
2014年 11月 【747件】
2014年 10月 【752件】
2014年 09月 【752件】
2014年 08月 【759件】
2014年 07月 【815件】
2014年 06月 【829件】
2014年 05月 【872件】
2014年 04月 【826件】
2014年 03月 【892件】
2014年 02月 【766件】
2014年 01月 【860件】
2013年 12月 【840件】
2013年 11月 【818件】
2013年 10月 【815件】
2013年 09月 【796件】
2013年 08月 【791件】
2013年 07月 【765件】
2013年 06月 【730件】
2013年 05月 【704件】
2013年 04月 【658件】
2013年 03月 【669件】
2013年 02月 【573件】
2013年 01月 【622件】
2012年 12月 【579件】
2012年 11月 【590件】
2012年 10月 【613件】
2012年 09月 【602件】
2012年 08月 【616件】
2012年 07月 【632件】
2012年 06月 【643件】
2012年 05月 【724件】
2012年 04月 【624件】
2012年 03月 【624件】
2012年 02月 【612件】
2012年 01月 【610件】
2011年 12月 【592件】
2011年 11月 【432件】
2011年 10月 【424件】
2011年 09月 【429件】
2011年 08月 【412件】
2011年 07月 【379件】
2011年 06月 【293件】
2011年 05月 【219件】
2011年 04月 【171件】
2011年 03月 【129件】
2011年 02月 【167件】
2011年 01月 【138件】
2010年 12月 【102件】
2010年 11月 【81件】
2010年 10月 【67件】
2010年 09月 【53件】
2010年 08月 【48件】
2010年 07月 【41件】
2010年 06月 【33件】
2010年 05月 【36件】
2010年 04月 【33件】
2010年 03月 【35件】
2010年 02月 【37件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【14件】
2009年 11月 【24件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【21件】
2009年 05月 【4件】

コンテンツ
スポンサード リンク
スポンサードリンク
レノボキャンペーン
全記事表示リンク