PC新型情報パソコーン

パソコンの新型情報を毎日更新中

raytrek-V MX レイトレック-V MX

ドスパラ スペック(2017年5月19日時点性能)
raytrek-V MX レイトレック-V MX

ドスパラさんのミニタワーケースを採用した
GeForce採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU 新型Kabylakeを積んだ
raytrek-V MX レイトレック-V MX さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA GeForce GTX1050を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA GeForce GTX1050 2GB
■メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 《無料プレゼント中》250GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル B250 チップセット マイクロATXマザーボード
■電源 550W 静音電源
■ケース Diginnosオリジナルケース EM041 ブラック(MicroATX)
■サイズ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
■重量 約7.8kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek-V MX レイトレック-V MX 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU 新型Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ16GBにハードディスクの容量も1.0TBに
250GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキテクチャPascal採用
新型NVIDIA® GeForce® GTX 1050を搭載しているので

大抵のネットゲームを遊べるだけのスペックだし
作業に使ってもナイス環境ですね。
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

クリエイター向けGeForce シリーズ 現在のラインナップ
raytrek-V MX レイトレック-V MX 現在価格


コンパクトでありながら、
思い通りの構成を実現できる優れた搭載能力

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek SLIM SG レイトレック スリム SG

ドスパラ スペック(2017年5月19日時点性能)
raytrek SLIM SG レイトレック スリム SG

ドスパラさんのオリジナルスリムケースを採用した
GeForce採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU 新型Kabylakeを積んだ
raytrek SLIM SG レイトレック スリム SG さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA GeForce GTX1080を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA GeForce GTX1080 8GB
■メモリ 32GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/16GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 3TB HDD (※OSは64bitをお選び下さい。)
■SSD 《無料アップグレード中》500GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル H110 チップセット Mini-ITXマザーボード
■電源 SILVERSTONE SFX 600W 静音電源 (80PLUS GOLD / SST-SX600-G)
■ケース ガレリア専用 KTCスリムケース ブラック(Mini-ITX)
■SDカードリーダー
■サイズ 105(幅)×350(奥行き)×382(高さ) mm
■重量 約7.2Kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek SLIM SG レイトレック スリム SG 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU 新型Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ32GBにハードディスクの容量も3.0TBに
500GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキティクチャを採用した
NVIDIA® GeForce® GTX1080を搭載しているので

どのネットゲームも超余裕で遊べるだけのスペックだし
作業に使っても超ナイス環境ですね。

消費電力は抑えつつ性能は
従来モデルGeForce® GTX980を大幅に上回るパワーであり
旧ハイエンドクラスやGeForce® GTX980の2枚構成SLI環境にも
匹敵したパゥワーは
さすがNVIDIA® GeForce® GTX1080でしょう(@0@)
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年5月19日現在 
期間限定のSSD無償アップグレードのナイスキャンペーン中ですね(@0@)


クリエイター向けGeForce シリーズ 現在のラインナップ
raytrek SLIM SG レイトレック スリム SG 現在価格


内部配置にも工夫をこらし、
最大で全長33cmまでのグラフィックスカードに対応するスペースを確保。
最速クラスの性能を誇るグラフィックスカードの選択も可能です。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek SLIM SF レイトレック スリム SF

ドスパラ スペック(2017年5月19日時点性能)
raytrek SLIM SF レイトレック スリム SF

ドスパラさんのオリジナルスリムケースを採用した
GeForce採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU 新型Kabylakeを積んだ
raytrek SLIM SF レイトレック スリム SF さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA GeForce GTX1070を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
■メモリ 《8GBから無料アップグレード中》
16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 3TB HDD (※OSは64bitをお選び下さい。)
■SSD 《無料アップグレード中》500GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル H110 チップセット Mini-ITXマザーボード
■電源 550W 静音電源 (80PLUS GOLD)
■ケース ガレリア専用 KTCスリムケース ブラック(Mini-ITX)
■SDカードリーダー
■サイズ 105(幅)×350(奥行き)×382(高さ) mm
■重量 約7.2Kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek SLIM SF レイトレック スリム SF 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU 新型Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ16GBにハードディスクの容量も3.0TBに
500GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキティクチャを採用した
NVIDIA GeForce GTX1070を搭載しているので

色んなネットゲームも超余裕で遊べるだけのスペックだし
作業に使っても超ナイス環境ですね。

消費電力は抑えつつ性能は
従来モデルGeForce® GTX970を大幅に上回るパワーは
さすがNVIDIA GeForce GTX1070でしょう(@0@)
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年5月19日現在 
期間限定のSSD&メモリ無償アップグレードのナイスキャンペーン中ですね(@0@)


クリエイター向けGeForce シリーズ 現在のラインナップ
raytrek SLIM SF レイトレック スリム SF 現在価格


内部配置にも工夫をこらし、
最大で全長33cmまでのグラフィックスカードに対応するスペースを確保。
最速クラスの性能を誇るグラフィックスカードの選択も可能です。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek SLIM ST レイトレック スリム ST

ドスパラ スペック(2017年5月19日時点性能)
raytrek SLIM ST レイトレック スリム ST

ドスパラさんのオリジナルスリムケースを採用した
GeForce採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU 新型Kabylakeを積んだ
raytrek SLIM ST レイトレック スリム ST さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA GeForce GTX1060を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA GeForce GTX1060 6GB (CUDA 1280)
■メモリ 《8GBから無料アップグレード中》
16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 3TB HDD (※OSは64bitをお選び下さい。)
■SSD 《無料アップグレード中》500GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル H110 チップセット Mini-ITXマザーボード
■電源 550W 静音電源 (80PLUS GOLD)
■ケース ガレリア専用 KTCスリムケース ブラック(Mini-ITX)
■SDカードリーダー
■サイズ 105(幅)×350(奥行き)×382(高さ) mm
■重量 約7.2Kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek SLIM ST レイトレック スリム ST スリム SH 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU 新型Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ16GBにハードディスクの容量も3.0TBに
500GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代のアーキティクチャを採用した
NVIDIA® GeForce® GTX1060を搭載しているので

ほとんどのネットゲームも余裕で遊べるだけのスペックだし
作業に使っても超ナイス環境ですね。
消費電力は抑えつつ性能は
従来モデルのハイエンドクラスに迫る進化と
さすがNVIDIA® GeForce® GTX1060でしょう(@0@)
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

2017年5月19日現在 
期間限定のSSD&メモリ無償アップグレードのナイスキャンペーン中ですね(@0@)


クリエイター向けGeForce シリーズ 現在のラインナップ
raytrek SLIM ST レイトレック スリム ST スリム SH 現在価格


内部配置にも工夫をこらし、
最大で全長33cmまでのグラフィックスカードに対応するスペースを確保。
最速クラスの性能を誇るグラフィックスカードの選択も可能です。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek SLIM SH レイトレック スリム SH

ドスパラ スペック(2017年5月19日時点性能)
raytrek SLIM SH レイトレック スリム SH

ドスパラさんのオリジナルスリムケースを採用した
GeForce採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU 新型Kabylakeを積んだ
raytrek SLIM SH レイトレック スリム SH さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA GeForce GTX1050 Tiを搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB
■メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 500GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル H110 チップセット Mini-ITXマザーボード
■電源 550W 静音電源 (80PLUS GOLD)
■ケース ガレリア専用 KTCスリムケース ブラック(Mini-ITX)
■SDカードリーダー
■サイズ 105(幅)×350(奥行き)×382(高さ) mm
■重量 約7.2Kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek SLIM SH レイトレック スリム SH 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU 新型Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ16GBにハードディスクの容量も2.0TBに
500GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキテクチャPascal採用
新型NVIDIA® GeForce® GTX 1050 Tiを搭載しているので

色んなネットゲームを快適に遊べるし
作業に使ってもナイス環境ですね。
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

クリエイター向けGeForce シリーズ 現在のラインナップ
raytrek SLIM SH レイトレック スリム SH 現在価格


内部配置にも工夫をこらし、
最大で全長33cmまでのグラフィックスカードに対応するスペースを確保。
最速クラスの性能を誇るグラフィックスカードの選択も可能です。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

raytrek SLIM SS レイトレック スリム SS

ドスパラ スペック(2017年5月19日時点性能)
raytrek SLIM SS レイトレック スリム SS

ドスパラさんのオリジナルスリムケースを採用した
GeForce採用クリエイター向け シリーズに
インテル第7世代のCPU 新型Kabylakeを積んだ
raytrek SLIM SS レイトレック スリム SS さん。

OSにはWindows 10を採用したデスクトップパソコンです。

グラフィックボードには
NVIDIA GeForce GTX1050を搭載しています。

■OS Windows 10 Home 64bit のインストール
■CPU インテル Core i7-7700
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
■グラフィック NVIDIA GeForce GTX1050 2GB
■メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
■ハードディスク【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
■SSD 500GB SSD
■光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
■マザーボード インテル H110 チップセット Mini-ITXマザーボード
■電源 550W 静音電源 (80PLUS GOLD)
■ケース ガレリア専用 KTCスリムケース ブラック(Mini-ITX)
■SDカードリーダー
■サイズ 105(幅)×350(奥行き)×382(高さ) mm
■重量 約7.2Kg
■保証 1年間 持込修理保証
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

raytrek SLIM SS レイトレック スリム SS 現在価格



パソコンの快適性


CPUにはインテル第7世代のCPU 新型Kabylakeである
インテル® Core™ i7-7700 プロセッサーを搭載しているので

インターネットや動画を観たりはもちろん動画編集からアレコレ作業に使っても
オーバースペック気味なその性能の高さゆえ
使い切れない程のスペックでしょう( ;∀;)

メモリ16GBにハードディスクの容量も2.0TBに
500GBのSSDとツインドライブ構成のハイエンドな高速環境なので
どすいすいな出来ですね。
(ドスパラさん CPU性能表)



グラフィックボード性能


グラフィックボードには次世代アーキテクチャPascal採用
新型NVIDIA® GeForce® GTX 1050を搭載しているので

大抵のネットゲームを遊べるだけのスペックだし
作業に使ってもナイス環境ですね。
(ドスパラさん グラフィックボード性能表)




価格を抑えつつもハイスペックな
ゲームパソコンを探している方にどんぴしゃなパソコンでしょう。

現在windows10インストールモデルが発売中

クリエイター向けGeForce シリーズ 現在のラインナップ
raytrek SLIM SS レイトレック スリム SS 現在価格


内部配置にも工夫をこらし、
最大で全長33cmまでのグラフィックスカードに対応するスペースを確保。
最速クラスの性能を誇るグラフィックスカードの選択も可能です。

付属品


この記事が役に立ったぜ(@0@)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
 


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

Raytrek LC K2 Windows 7 価格

Raytrek LC K2 Windows 7
スペック ドスパラ

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
現在のクリエイターモデル ラインナップ


3DCG/モーショングラフィックスに最適化
第4世代インテルCore i7搭載モデル

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
第4世代CPU インテル Core i7-4790 プロセッサー 搭載
4コア + ハイパースレッディング・テクノロジーで論理 8 スレッドの処理が可能
超高クロック動作を実現するインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
高速DDR3 メモリー(PC3-12800)搭載
3DCG/コンポジット向けハイエンドグラフィックス「NVIDIA Quadro K2200」搭載
インテル H97 チップセット採用
USB3.0ポート搭載
SR598M - ATX ケース 採用



■インテル Core i7-4790 プロセッサー
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
■NVIDIA Quadro K2200 4GB (2画面対応/DVI x1, DisplayPort x2)
■16GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx4/デュアルチャネル)
■2TB HDD (SATA3)
■DVDスーパーマルチドライブ
■インテル H97 チップセット ATXマザーボード
■500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
■Windows 7 Home Premium 64bit のインストール (ディスク付属)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Raytrek LC K2 Windows 7 現在スペック&価格


NVIDIA Quadroシリーズは、3DCG、CAD、映像編集などの
プロフェッショナルアプリケーションに最適化されたグラフィックスボードです。

企業のプロフェッショナルユーザーから、個人クリエイターの方まで
幅広くご利用頂けるよう、Quadro 410、Quadro K620、Quadro K2200、

Quadro K4200、Quadro K5200 等
各種モデルをご用意しております



SR598M - ATX ケース 詳細
■外形寸法 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ)mm
■ベイ 3.5インチシャドウベイx5  
3.5インチオープンベイ×2 (5インチベイを共有)
5.25インチベイx5 (3.5インチベイ変換ベゼルx2 付属)
■前面端子 USB2.0×6、USB3.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力
■カラー ブラック



ドスパラさんのNVIDIA Quadro 搭載モデル

3DCG・モーショングラフィックス制作に特化した

クリエイター向けハイエンドパソコン

Raytrek LC K2 Windows 7 さんです。

第4世代のCPU Haswell Refresh&インテル H97 チップセットに

Windows® 7を搭載したパソコンさんですね(@0@)

CPUにはインテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサーを搭載

インストールされているOSが64bit版windows7なので

搭載されているメモリ16GBもフルに活用する事ができます。

従来よりも高速なSATAⅢ接続で

2.0TBのハードディスクを搭載していて

グラフィックボードにはワークステーション向けビデオカード


NVIDIA Quadro K2200を搭載
(Quadro性能表)
icon
インテル H97 チップセット採用で

高速なSATA 3ポートやUSB3.0にも対応していたり

次世代のCPUや新しいSATA Express対応と進化していて

冷却性・拡張性に優れたケースを採用していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね(@0@)

インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサー&NVIDIA Quadro K2200に

インテル H97 チップセットの最新構成で

デジタルコンテンツ制作に欠かせない

高性能CPU&大容量メモリ&超高性能グラフィックボード採用と

作業に超快適なパソコン仕様にロマン点追加スね(@0@)

さりげなく電源が80PLUS Bronze認証電源採用もナイスです

インテルCore™ iシリーズ第4世代

Haswellは従来のインテル Core iシリーズに比べて

さらに消費電力を抑えた省エネな作りになり

性能面でも順調に性能アップメンの

内臓グラフィックもパゥワーアップマンで

より今まで以上に快適パソコン生活がおくれますが

このHaswell Refreshはより性能面がアップメンですね。

複数コアなので同時作業にも強いですし

インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサーレベルのCPUともなると

普段使っていてその性能をフルに発揮できる機会が

あまりないほどのオーバースペックマンさんなので

そのぶん、長く使っていけるナイスCPUですね( ;∀;)

カスタマイズでSSDを追加すれば

さらにインテル H97 チップセット搭載の恩恵で

速さに弱点のハードディスクと容量に弱点のSSDを

組み合わせ運用する事で速くて容量が多い

ナイス環境なインテルスマートレスポンステクノロジー
icon

発動のおかげでさらにパフォーマンスアップの

ロマン点だだ上り状態も狙えちゃうしPCI Express M.2採用で

より高速な環境が作れるようになっててナイスや( ;∀;)

グラフィックボードには一般向けのNVIDIA(R) GeForce(R)ではなく

NVIDIA Quadroシリーズ装備しているので

一般向けのNVIDIA® GeForce®シリーズよりも

はるかに3DCG/モーショングラフィックス作成や

映像制作が快適に進みますね(@0@)

さらにNVIDIA Quadro K2200さんは

旧モデルより大幅にパゥワーアップされたおかげで

より強力に作業が快適な環境になってやがります。

NVIDIA Quadro K2200に大容量16GBのメモリにHaswell Refreshと

3DCG/モーショングラフィックス制作に本格的に特化した

Windows 7搭載パソコンを探している方に向いた

Raytrek LC K2 Windows 7 さんですね。

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

パソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選ぶべし(@0@)

CGやら映像やらで使うパソコンなら

コレくらい本気度&ロマン度が高い代物じゃないと

カクカクじゃ効率が悪いどころかまずやる気がしぼむますわ( ;∀;)

超本気の作業用パソコンさんやね。

CGやら映像やらで使うパソコンなら

コレくらい本気度&ロマン度が高い代物じゃないと

カクカクじゃ効率が悪いどころかまずやる気がしぼむますわ( ;∀;)

超本気の作業用パソコンさんやね。

インテル第4世代CPUのHaswell Refreshに高性能グラフィックボードの登場で

ますますパソコンさんのスペックが上がってやがります。

お仕事がはかどるパソコンさんなんて嫌ですが( ;∀;)

それでもイライラするよりはロマンあるね。

こーゆー環境で作業したいね( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

Raytrek LC K2 - レイトレック LC K2 価格

Raytrek LC K2 - レイトレック LC K2
スペック ドスパラ

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
現在のクリエイターモデル ラインナップ


3DCG/モーショングラフィックスに最適化
第4世代インテルCore i7搭載モデル

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
第4世代CPU インテル Core i7-4790 プロセッサー 搭載
4コア + ハイパースレッディング・テクノロジーで論理 8 スレッドの処理が可能
超高クロック動作を実現するインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
高速DDR3 メモリー(PC3-12800)搭載
3DCG/コンポジット向けハイエンドグラフィックス「NVIDIA Quadro K2200」搭載
インテル H97 チップセット採用
USB3.0ポート搭載
SR598M - ATX ケース 採用



■インテル Core i7-4790 プロセッサー
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
■NVIDIA Quadro K2200 4GB (2画面対応/DVI x1, DisplayPort x2)
■16GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx4/デュアルチャネル)
■2TB HDD (SATA3)
■DVDスーパーマルチドライブ
■インテル H97 チップセット ATXマザーボード
■500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
■Windows® 8.1 Update【64bit】インストール済み(ディスク付属)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Raytrek LC K2 - レイトレック LC K2 現在スペック&価格


NVIDIA Quadroシリーズは、3DCG、CAD、映像編集などの
プロフェッショナルアプリケーションに最適化されたグラフィックスボードです。

企業のプロフェッショナルユーザーから、個人クリエイターの方まで
幅広くご利用頂けるよう、Quadro 410、Quadro K620、Quadro K2200、

Quadro K4200、Quadro K5200 等
各種モデルをご用意しております



SR598M - ATX ケース 詳細
■外形寸法 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ)mm
■ベイ 3.5インチシャドウベイx5  
3.5インチオープンベイ×2 (5インチベイを共有)
5.25インチベイx5 (3.5インチベイ変換ベゼルx2 付属)
■前面端子 USB2.0×6、USB3.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力
■カラー ブラック



ドスパラさんのNVIDIA Quadro 搭載モデル

3DCG・モーショングラフィックス制作に特化した

クリエイター向けハイエンドパソコン

Raytrek LC K2 - レイトレック LC K2 さんです。

第4世代のCPU Haswell Refresh&インテル H97 チップセットに

Windows® 8.1を搭載したパソコンさんですね(@0@)

CPUにはインテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサーを搭載

インストールされているOSが64bit版windows8.1なので

搭載されているメモリ16GBもフルに活用する事ができます。

従来よりも高速なSATAⅢ接続で

2.0TBのハードディスクを搭載していて

グラフィックボードにはワークステーション向けビデオカード


NVIDIA Quadro K2200を搭載
(Quadro性能表)
icon
インテル H97 チップセット採用で

高速なSATA 3ポートやUSB3.0にも対応していたり

次世代のCPUや新しいSATA Express対応と進化していて

冷却性・拡張性に優れたケースを採用していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね(@0@)

インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサー&NVIDIA Quadro K2200に

インテル H97 チップセットの最新構成で

デジタルコンテンツ制作に欠かせない

高性能CPU&大容量メモリ&超高性能グラフィックボード採用と

作業に超快適なパソコン仕様にロマン点追加スね(@0@)

さりげなく電源が80PLUS Bronze認証電源採用もナイスですが

インテルCore™ iシリーズ第4世代

Haswellは従来のインテル Core iシリーズに比べて

さらに消費電力を抑えた省エネな作りになり

性能面でも順調に性能アップメンの

内臓グラフィックもパゥワーアップマンで

より今まで以上に快適パソコン生活がおくれますが

このHaswell Refreshはより性能面がアップメンですね。

複数コアなので同時作業にも強いですし

インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサーレベルのCPUともなると

普段使っていてその性能をフルに発揮できる機会が

あまりないほどのオーバースペックマンさんなので

そのぶん、長く使っていけるナイスCPUですね( ;∀;)

カスタマイズでSSDを追加すれば

さらにインテル H97 チップセット搭載の恩恵で

速さに弱点のハードディスクと容量に弱点のSSDを

組み合わせ運用する事で速くて容量が多い

ナイス環境なインテルスマートレスポンステクノロジー
icon

発動のおかげでさらにパフォーマンスアップの

ロマン点だだ上り状態も狙えちゃうしPCI Express M.2採用で

より高速な環境が作れるようになっててナイスや( ;∀;)

グラフィックボードには一般向けのNVIDIA(R) GeForce(R)ではなく

NVIDIA Quadroシリーズ装備しているので

一般向けのNVIDIA® GeForce®シリーズよりも

はるかに3DCG/モーショングラフィックス作成や

映像制作が快適に進みますね(@0@)

さらにNVIDIA Quadro K2200さんは

旧モデルより大幅にパゥワーアップされたおかげで

より強力に作業が快適な環境になってやがります。

NVIDIA Quadro K2200に大容量16GBのメモリにHaswell Refreshと

3DCG/モーショングラフィックス制作に本格的に特化した

Windows 8.1搭載パソコンを探している方に向いた

Raytrek LC K2 - レイトレック LC K2 さんですね。

Windows 7搭載モデルもあるので欲しいOSを間違えないようにしましょう(@0@)

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

パソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選ぶべし(@0@)

CGやら映像やらで使うパソコンなら

コレくらい本気度&ロマン度が高い代物じゃないと

カクカクじゃ効率が悪いどころかまずやる気がしぼむますわ( ;∀;)

超本気の作業用パソコンさんやね。

CGやら映像やらで使うパソコンなら

コレくらい本気度&ロマン度が高い代物じゃないと

カクカクじゃ効率が悪いどころかまずやる気がしぼむますわ( ;∀;)

超本気の作業用パソコンさんやね。

インテル第4世代CPUのHaswell Refreshに高性能グラフィックボードの登場で

ますますパソコンさんのスペックが上がってやがります。

お仕事がはかどるパソコンさんなんて嫌ですが( ;∀;)

それでもイライラするよりはロマンあるね。

こーゆー環境で作業したいね( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

Raytrek LC K4 Office2013 価格

Raytrek LC K4 Office2013
スペック ドスパラ

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
現在のクリエイターモデル ラインナップ


3DCG/モーショングラフィックスに最適化
第4世代インテルCore i7搭載モデル

セキュリティ対策
マカフィー・インターネットセキュリティ 12ヶ月 製品版 インストール
【定価5775円のところ】→ 無料インストール


Microsoft(R) Office Personal 2013
HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
第4世代CPU インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサー 搭載
4コア + ハイパースレッディング・テクノロジーで論理 8 スレッドの処理が可能
超高クロック動作を実現するインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
高速DDR3 メモリー(PC3-12800)搭載
3DCG/コンポジット向けハイエンドグラフィックス「NVIDIA Quadro K4200」搭載
インテル H97 チップセット採用
USB3.0ポート搭載
SR598M - ATX ケース 採用



■インテル Core i7-4790 プロセッサー
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
■NVIDIA Quadro K4200 4GB (2画面対応/DVI x1, DisplayPort x2)
■16GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx4/デュアルチャネル)
■3TB HDD (SATA3) (※OSは64bitをお選び下さい。)
■DVDスーパーマルチドライブ
■インテル H97 チップセット ATXマザーボード
■500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
■Windows 7 Professional 64bit のインストール【無料アップグレード中】
■Microsoft(R) Office Personal 2013 (Word/Excel/Outlook)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年
※ディスプレイ・スピーカーは別売りです。

Raytrek LC K4 Office2013 現在スペック&価格


NVIDIA Quadroシリーズは、3DCG、CAD、映像編集などの
プロフェッショナルアプリケーションに最適化されたグラフィックスボードです。

企業のプロフェッショナルユーザーから、個人クリエイターの方まで
幅広くご利用頂けるよう、Quadro 410、Quadro K620、Quadro K2200、

Quadro K4200、Quadro K5200 等
各種モデルをご用意しております



SR598M - ATX ケース 詳細
■外形寸法 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ)mm
■ベイ 3.5インチシャドウベイx5  
3.5インチオープンベイ×2 (5インチベイを共有)
5.25インチベイx5 (3.5インチベイ変換ベゼルx2 付属)
■前面端子 USB2.0×4、マイク入力、ヘッドフォン出力
■カラー ブラック



ドスパラさんの3DCG・モーショングラフィックス制作に特化した

クリエイター向けハイエンドパソコン

Raytrek LC K4 Office2013 セットモデルさんです。

第4世代のCPU Haswell Refresh&インテル H97 チップセットに

Windows® 7を搭載したパソコンさんですね(@0@)

CPUにはインテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサーを搭載

インストールされているOSが64bit版windows7なので

搭載されているメモリ16GBもフルに活用する事ができます。

従来よりも高速なSATAⅢ接続で

3.0TBのハードディスクを搭載していて

グラフィックボードにはワークステーション向けビデオカード


NVIDIA Quadro K4200を搭載
(Quadro性能表)
icon
インテル H97 チップセット採用で

高速なSATA 3ポートやUSB3.0にも対応していたり

次世代のCPUや新しいSATA Express対応と進化していて

冷却性・拡張性に優れたケースを採用していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね(@0@)

インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサー&NVIDIA Quadro K4200に

インテル H97 チップセットの最新構成で

デジタルコンテンツ制作に欠かせない

高性能CPU&大容量メモリ&超高性能グラフィックボード採用と

作業に超快適なパソコン仕様にロマン点追加スね(@0@)

さりげなく電源が80PLUS Bronze認証電源採用もナイスですが

期間限定でセキュリティソフト12ヵ月分が無料になってるのもナイスすぎますね。

インテルCore™ iシリーズ第4世代

Haswellは従来のインテル Core iシリーズに比べて

さらに消費電力を抑えた省エネな作りになり

性能面でも順調に性能アップメンの

内臓グラフィックもパゥワーアップマンで

より今まで以上に快適パソコン生活がおくれますが

このHaswell Refreshはより性能面がアップメンですね。

複数コアなので同時作業にも強いですし

インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサーレベルのCPUともなると

普段使っていてその性能をフルに発揮できる機会が

あまりないほどのオーバースペックマンさんなので

そのぶん、長く使っていけるナイスCPUですね( ;∀;)

カスタマイズでSSDを追加すれば

さらにインテル H97 チップセット搭載の恩恵で

速さに弱点のハードディスクと容量に弱点のSSDを

組み合わせ運用する事で速くて容量が多い

ナイス環境なインテルスマートレスポンステクノロジー
icon

発動のおかげでさらにパフォーマンスアップの

ロマン点だだ上り状態も狙えちゃうしPCI Express M.2採用で

より高速な環境が作れるようになっててナイスや( ;∀;)

お仕事にも使おうと思ったらMicrosoft(R) Officeが

あった方が何かと役立つので

初めからMicrosoft(R) Office 2013が入っていて

さらに作業に向いてますね( ;∀;)嫌ですが超嫌ですが

PowerPointも必要な方はMicrosoft(R) Office Personalには

入っていないのでカスタマイズで

Microsoft(R) Office Home and Business か

Microsoft(R) Office Professionalに

バージョンを換えるのを忘れないようにしましょう。

グラフィックボードには一般向けのNVIDIA® GeForce®シリーズではなく

NVIDIA Quadroシリーズ装備しているので

一般向けのNVIDIA® GeForce®シリーズよりも

はるかに3DCG/モーショングラフィックス作成や

映像制作が快適に進みますね(@0@)

さらにNVIDIA Quadro K4200さんは

旧モデルより大幅にパゥワーアップされたおかげで

より強力に作業が快適な環境になってやがります。

もはや快適グリグリですねん(,,#゚Д゚):∴;

NVIDIA Quadro K4200に大容量16GBのメモリにHaswell Refreshと

3DCG/モーショングラフィックス制作に本格的に特化した

Windows 7搭載パソコンを探している方に向いた

Raytrek LC K4 Office2013 さんですね。

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

パソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選ぶべし(@0@)

CGやら映像やらで使うパソコンなら

コレくらい本気度&ロマン度が高い代物じゃないと

カクカクじゃ効率が悪いどころかまずやる気がしぼむますわ( ;∀;)

超本気の作業用パソコンさんやね。

インテル第4世代のCPU Haswell Refreshに高性能グラフィックボードの登場で

ますますパソコンさんのスペックが上がってやがります。

お仕事がはかどるパソコンさんなんて嫌ですが( ;∀;)

それでもイライラするよりはロマンあるね。

嫌だけどこーゆー環境で作業したいね( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?

Raytrek LC K4 液晶セット 価格

Raytrek LC K4 液晶セット
スペック ドスパラ

HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
現在のクリエイターモデル ラインナップ


3DCG/モーショングラフィックスに最適化
第4世代インテルCore i7搭載モデル

セキュリティ対策
マカフィー・インターネットセキュリティ 12ヶ月 製品版 インストール
【定価5775円のところ】→ 無料インストール


HD時代のデジタルコンテンツ制作に最適化されたパーソナル ワークステーション
第4世代CPU インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサー 搭載
4コア + ハイパースレッディング・テクノロジーで論理 8 スレッドの処理が可能
超高クロック動作を実現するインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
高速DDR3 メモリー(PC3-12800)搭載
3DCG/コンポジット向けハイエンドグラフィックス「NVIDIA Quadro K4200」搭載
インテル H97 チップセット採用
USB3.0ポート搭載
SR598M - ATX ケース 採用
液晶モニター付き



■インテル Core i7-4790 プロセッサー
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
■NVIDIA Quadro K4200 4GB (2画面対応/DVI x1, DisplayPort x2)
■16GB DDR3 SDRAM(PC3-12800/4GBx4/デュアルチャネル)
■3TB HDD (SATA3) (※OSは64bitをお選び下さい。)
■DVDスーパーマルチドライブ
■インテル H97 チップセット ATXマザーボード
■500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
■Windows 7 Professional 64bit のインストール【無料アップグレード中】
■キーボード 日本語キーボード
■マウス 光学式ホイールマウス
■持込修理保証 保証期間1年

Raytrek LC K4 液晶セット 現在スペック&価格


NVIDIA Quadroシリーズは、3DCG、CAD、映像編集などの
プロフェッショナルアプリケーションに最適化されたグラフィックスボードです。

企業のプロフェッショナルユーザーから、個人クリエイターの方まで
幅広くご利用頂けるよう、Quadro 410、Quadro K620、Quadro K2200、

Quadro K4200、Quadro K5200 等
各種モデルをご用意しております



SR598M - ATX ケース 詳細
■外形寸法 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ)mm
■ベイ 3.5インチシャドウベイx5  
3.5インチオープンベイ×2 (5インチベイを共有)
5.25インチベイx5 (3.5インチベイ変換ベゼルx2 付属)
■前面端子 USB2.0×4、マイク入力、ヘッドフォン出力
■カラー ブラック



ドスパラさんの3DCG・モーショングラフィックス制作に特化した

クリエイター向けハイエンドパソコン

Raytrek LC K4 液晶セット モデルさんです。

第4世代のCPU Haswell Refresh&インテル H97 チップセットに

Windows® 7を搭載したパソコンさんですね(@0@)

CPUにはインテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサーを搭載

インストールされているOSが64bit版windows7なので

搭載されているメモリ16GBもフルに活用する事ができます。

従来よりも高速なSATAⅢ接続で

3.0TBのハードディスクを搭載していて

グラフィックボードにはワークステーション向けビデオカード


NVIDIA Quadro K4200を搭載
(Quadro性能表)
icon
インテル H97 チップセット採用で

高速なSATA 3ポートやUSB3.0にも対応していたり

次世代のCPUや新しいSATA Express対応と進化していて

冷却性・拡張性に優れたケースを採用していたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね(@0@)

インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサー&NVIDIA Quadro K4200に

インテル H97 チップセットの最新構成で

デジタルコンテンツ制作に欠かせない

高性能CPU&大容量メモリ&超高性能グラフィックボード採用と

作業に超快適なパソコン仕様にロマン点追加スね(@0@)

さりげなく電源が80PLUS Bronze認証電源採用もナイスですが

期間限定でセキュリティソフト12ヵ月分が無料になってるのもナイスすぎますね。

インテルCore™ iシリーズ第4世代

Haswellは従来のインテル Core iシリーズに比べて

さらに消費電力を抑えた省エネな作りになり

性能面でも順調に性能アップメンの

内臓グラフィックもパゥワーアップマンで

より今まで以上に快適パソコン生活がおくれますが

このHaswell Refreshはより性能面がアップメンですね。

複数コアなので同時作業にも強いですし

インテル(R) Core(TM) i7-4790 プロセッサーレベルのCPUともなると

普段使っていてその性能をフルに発揮できる機会が

あまりないほどのオーバースペックマンさんなので

そのぶん、長く使っていけるナイスCPUですね( ;∀;)

カスタマイズでSSDを追加すれば

さらにインテル H97 チップセット搭載の恩恵で

速さに弱点のハードディスクと容量に弱点のSSDを

組み合わせ運用する事で速くて容量が多い

ナイス環境なインテルスマートレスポンステクノロジー
icon

発動のおかげでさらにパフォーマンスアップの

ロマン点だだ上り状態も狙えちゃうしPCI Express M.2採用で

より高速な環境が作れるようになっててナイスや( ;∀;)

グラフィックボードには一般向けのNVIDIA® GeForce®シリーズではなく

NVIDIA Quadroシリーズ装備しているので

一般向けのNVIDIA® GeForce®シリーズよりも

はるかに3DCG/モーショングラフィックス作成や

映像制作が快適に進みますね(@0@)

さらにNVIDIA Quadro K4200さんは

旧モデルより大幅にパゥワーアップされたおかげで

より強力に作業が快適な環境になってやがります。

もはや快適グリグリですねん(,,#゚Д゚):∴;

NVIDIA Quadro K4200に大容量16GBのメモリにHaswell Refreshと

3DCG/モーショングラフィックス制作に本格的に特化した

Windows 7搭載パソコンを探している方に向いた

Raytrek LC K4 液晶セット さんですね。

もしパソコン&モニターの購入を考えているなら

液晶モニターセットモデルを選んだ方がお得です(@0@)

付属の液晶が単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

少し割引されるし(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするので

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

CGやら映像やらで使うパソコンなら

コレくらい本気度&ロマン度が高い代物じゃないと

カクカクじゃ効率が悪いどころかまずやる気がしぼむますわ( ;∀;)

超本気の作業用パソコンさんやね。

インテル第4世代のCPU Haswell Refreshに高性能グラフィックボードの登場で

ますますパソコンさんのスペックが上がってやがります。

お仕事がはかどるパソコンさんなんて嫌ですが( ;∀;)

それでもイライラするよりはロマンあるね。

嫌だけどこーゆー環境で作業したいね( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?
ブログ内検索フォーム
過去ログ + 全記事

2017年 06月 【5件】
2017年 05月 【159件】
2017年 04月 【9件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【13件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【359件】
2015年 03月 【531件】
2015年 02月 【202件】
2015年 01月 【487件】
2014年 12月 【684件】
2014年 11月 【747件】
2014年 10月 【752件】
2014年 09月 【752件】
2014年 08月 【759件】
2014年 07月 【815件】
2014年 06月 【829件】
2014年 05月 【872件】
2014年 04月 【826件】
2014年 03月 【892件】
2014年 02月 【766件】
2014年 01月 【860件】
2013年 12月 【840件】
2013年 11月 【818件】
2013年 10月 【815件】
2013年 09月 【796件】
2013年 08月 【791件】
2013年 07月 【765件】
2013年 06月 【730件】
2013年 05月 【704件】
2013年 04月 【658件】
2013年 03月 【669件】
2013年 02月 【573件】
2013年 01月 【622件】
2012年 12月 【579件】
2012年 11月 【590件】
2012年 10月 【613件】
2012年 09月 【602件】
2012年 08月 【616件】
2012年 07月 【632件】
2012年 06月 【643件】
2012年 05月 【724件】
2012年 04月 【624件】
2012年 03月 【624件】
2012年 02月 【612件】
2012年 01月 【610件】
2011年 12月 【592件】
2011年 11月 【432件】
2011年 10月 【424件】
2011年 09月 【429件】
2011年 08月 【412件】
2011年 07月 【379件】
2011年 06月 【293件】
2011年 05月 【219件】
2011年 04月 【171件】
2011年 03月 【129件】
2011年 02月 【167件】
2011年 01月 【138件】
2010年 12月 【102件】
2010年 11月 【81件】
2010年 10月 【67件】
2010年 09月 【53件】
2010年 08月 【48件】
2010年 07月 【41件】
2010年 06月 【33件】
2010年 05月 【36件】
2010年 04月 【33件】
2010年 03月 【35件】
2010年 02月 【37件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【14件】
2009年 11月 【24件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【21件】
2009年 05月 【4件】

コンテンツ
スポンサード リンク
スポンサードリンク
レノボキャンペーン
全記事表示リンク